XM の評判

2020年5月7日

XM の評判は大丈夫なの?
いろいろな面から確認してみよう!

XM Tradingの評判は世界的に見ても高い!

XM Tradingという海外FX会社をご存じでしょうか。

2009年の設立以来、2016年に50万口座を超え、現在では100万口座を突破しました。

「FX会社はどれを選んでも同じ」「結局は取引の腕が大事」なんて考えを持っている方も少なくないようですが、どのFX会社を選ぶかは損益に大きく関わります。

今回はXM Tradingの評判とメリット・デメリットを解説していきます。

世界中のFXトレーダーの口コミが寄せられるForexPeaceArmyでの評判

 

日本では口コミサイトという文化が発展しています。

ただ、中には明らかなステマ口コミや誹謗中傷に近いネガティブ口コミも混ざっていて真偽を計ることが難しいときもありますよね。

実は、世界中のFXトレーダーの口コミを統括しているサイトがあるのです。

参照:ForexPeaceArmy

上記サイトには、世界中のFX会社の口コミなどが紹介されています。XM Tradingは口コミ数に対してレーティングが3.3と好評価です。

ForexPeaceArmyでは自作自演のステマ口コミや悪質なネガティブ口コミを審査して削除する体制が整っていますので、全てFXトレーダー達が残した本物の評判です。

レーティングが4を超えるFX会社もありますが、それはほとんどの場合口コミの母数が少ないことによるものです。

数百の口コミがある中で3以上のレーティングを保っているXM Tradingは非常に優良なFX会社と言えるでしょう。

海外FXなのにパーフェクトな日本語対応。ライブチャットも可能

 

XM Tradingは海外FX会社なのですが、日本人からの評判も非常に良く、その大きな要因の一つとして、完全日本語対応という日本人にとって優しいサービスの存在が挙げられます。

日本国内では2010年よりレバレッジ規正が始まり、現在では最大でも25倍のレバレッジとなっています。

そのため、これまで国内FX会社を利用していた方がレバレッジ制限がない海外FX会社へ乗り換えるという方が増えています

そんな中、サイトの中身や問い合わせも完全日本語対応で、24時間の日本語ライブチャットサポートも対応しているというXM Tradingは、入りやすい海外FX会社と言えるでしょう。

変わらない安定の約定力が投資家の信頼を得る

 

XM Tradingは初心者だけではなく、経験のあるトレーダーからも評判が良いです。

そのポイントは安定した約定力です。

約定力というのは取引を成立させる力のことで、FX取引において欠かすことのできないものです。

一般的に、昼間や為替レートが緩やかな時期ではどこのFX会社でも約定率は100%になります。

しかし、日本時間の夜中から朝方、為替が大きく動くイベント時などには取引が集中するので、サーバーの処理能力の差などから約定率にも差が出てくるのです。

自分の取引が約定されなければ当然その取引で得られるはずだった利益もなくなりますし、もし時間が遅れて約定された場合にはその時点での相場が取引価格になるので、自分の思っていた購入・売却価格と異なってしまいます。

XM Tradingはこれまで1.5億以上の取引を扱っていますが、その約定力は驚異の100%(各条拒否発生数0件)

その上、99.35%の取引が1秒以内に執行されるので、この安定した約定力がXM Tradingにおける最大の魅力とも言えるでしょう。

いくら取引の手数料が安かったり、取引銘柄が豊富であったたりしても、約定力が低ければ元も子もありません

ちなみに、約定力が低いことは、サーバー運営費が安いなど、FX会社にとってはメリットがあります。

そのため、約定力をあまりアピールせず他のメリットで宣伝をかけるFX会社も多いので注意が必要です。

XM Tradingは信頼できるFX会社だと言えます。

XM TradingでFXを始めるメリットとデメリット

XM Tradingの評判の高さは理解していただけたかと思いますが、ただ評判が良いから始めるというのではなく、他のFX会社と比べてどんなメリット・デメリットがあるのかを自分で知ることで、より納得して利用できると思います。

「ハイレバレッジ」と「追証なし」のローリスクハイリターン

海外FX会社は、国内FX会社と違ってレバレッジに制限がありません。

国内FX会社ではレバレッジがどこでも最大25倍(金融庁に定められている)なので、例えば10万円の資金を投入すればその25倍の250万円までの取引が可能になります。

一方、XM Tradingのレバレッジは破格の888倍です。10万円の資金投入をすれば最大8880万円の取引が可能になるということです。

ちなみに、海外FX会社のレバレッジの相場は400~500倍なので、888倍というはその倍近い超ハイレバレッジになります。

取引できる金額が大きくなるということは生まれる利益も大きくなりますので、大きなメリットと言えます。

もちろん、この高倍率はもし損失を生んだ場合にも大きく効いてきます。

本来、ハイレバレッジというものは「ハイリスクハイリターンの取引」なのです。

しかし、XM Tradingでは、「追証なし」というトレーダーにとっての救済措置が取られてています。

追証というのは、取引での損失が投入した金額を上回った場合に、その差額を入金しなければならない制度、つまり借金が発生します。

国内FX会社ではこの追証があるのが当たり前ですが、XM Tradingではマイナスになってもゼロにリセットされる仕組みが採用されています。

つまり、自分が投入した金額以外の損失を被ることはないということです。

これによって、ハイレバレッジのメリットだけを得たようなローリスクハイリターンが可能になるのです。

破格のボーナス制度があるので、少額から始められる

FX取引を始めるには、当たり前ですが先立つ資金が必要です。

しかし、XM Tradingでは口座を新設するだけで3000円分の取引ボーナスが与えられます。

口座に登録するだけで実際にFX取引を始めることができるということです。

3000円とは言え、先ほども紹介したようにXM Tradingのレバレッジは888倍ですので、最大266.4万円の取引ができるということです。

お試しでも十分な額だと思います。

また、入金ボーナスが最大50万円までもらえます。

これは、入金額に対して5万円分までは100%、それ以降は20%の割合ボーナスが受けられるというものです。

例えば10万円の入金をすると、5万円分の100%ボーナス(5万円)、残り5万円分の20%ボーナス(1万円)が支給され、実際の取引分としては16万円となります。

このボーナスは50万円分支給されるまで続きますが、ここまでボーナスが手厚いFX会社は他にありません。

スプレッドは狭いとは言えない。短期売買を繰り返す取引には不向き

XM Tradingにもデメリットがあります

それは、スプレッド(売値と買値の差額)が安くないということです。

これは結局国内FX会社と海外FX会社の違いになってしまうのですが、基本的にスプレッドは海外>国内という関係になっています。

大体国内FX会社の2倍~3倍程度違うと思って下さい。

スプレッドは購入と売却をする度にかかるものなので、例えば相場の小さな変動を狙って短期的に売買を繰り返す取引をする人にとっては馬鹿になりません

ただ、あくまでこれはXM Tradingのスタンダード口座を利用したときの場合の話。

実は、XM Tradingには最狭スプレッドが0.0pipsの短期売買に特化した「ゼロ口座というものがあります。

常に0.0pipsというわけではありませんが、利用者の多いドル円スプレッドで見ても平均0.10pips、比較的高めに出やすいポンド円スプレッドでも平均1.10pipsと、非常に狭いスプレッドが特徴です。

他にも最狭スプレット0.0pipsを謳っている口座はありますが、XM Tradingのゼロ口座はどこと比べても軒並み狭いスプレッドを叩き出しています。

また、ゼロ口座のレバレッジは最大500倍でスタンダード口座の888倍には劣りますが、それでも海外FX会社のレバレッジ相場内です。

これまでは、短期売買をするならスプレッドの狭い国内FX会社という考えもありましたが、XM Tradingのゼロ口座なら狭いスプレッドでハイレバレッジな短期売買を行うことができます。

Posted by quark