FXとは

FXとは  ※小難しいことを書くので飛ばしても構いません

まずは外国為替相場と外国為替市場について

外国為替とは、国際間の通貨のやりとりの仕組みのことです。

例えば、取引の際に小切手や手形などの有価証券を決済方法に使うなどの方法があります。外国為替の俗称を「がいため」といいます。これは、本来の「がいこくかわせ」という読みを縮めて表記したものです。

外国為替とは、通貨と通貨を一定の割合を定めてトレードする取引全般のことを示しています。
交換比率を決める方法はいくつかあり、1973年までは固定相場制が採用され為替レートは固定されていましたが、ドルの大量流失に伴って現在の先進各国は変動相場制へ移行しました。
そのためその時々の交換比率に基づく外国為替相場が成立しています。

外国為替市場は外国為替取引がなされている場所として株における東京証券取引所のように思われがちですが、建物としては存在していません。
外国為替市場とは概念的な場所であり、実際の取引はインターネットや電話注文のみを通してなされています。

つまり、外国為替市場とは概念上の市場です。外国為替相場では、主な取引がされる東京とニューヨークとロンドンの3つの市場を世界三大市場といいます。
為替市場の一日は午前6時(冬季は7時)に始まり、翌日の午前6時(冬季は7時)まで続きます。
この間、ニュージーランドを皮切りにシドニーやロンドン、ニューヨークと次々にマーケットが開き、そして国毎の時間に応じて閉じていきます。外為市場は眠らない市場と呼ばれますが、それはこのように世界のどこかが開いていればマーケットの取引は可能であり、平日ならばいつでも取引ができるところが強みです。

外国為替相場の変動理由

外貨の交換比率は常に移り変わっており、市場でトレードが行われている限り変化しています。
2国間の通貨に対する需要、あるいは供給のバランスが代わることで、為替レートが決まります。

2つの通貨を比較した時、片方の通貨に人気がなく、もう片方の通貨を欲しいという人がたくさんいれば、外国為替市場の人たちは人気のない通貨を売って、人気のある通貨を欲しがります。
人気のない通貨の価値は下がり、人気のある通貨の価値が上がります。

需要と供給の変動によって物の値段が代わるのは通貨に限った話ではありません。
市場原理の働く場において、ものを売り買いする上ではよくあることです。
通貨の場合、需要と供給のバランスに大きな影響を与えているものにファンダメンダルズ要因があります。
国家の経済成長率や貿易収支、卸売物価、経常収支などの指数のことですが、為替レートに中長期的な影響を及ぼします。
これらの数字が上向いている国、前回と比べて成長している国の貨幣は需要が高まります。

実需要因は、通貨レートに対して短期的な影響力があります。
ファンダメンダルズは期待感や投資の有益性で貨幣の価値が上がるものですが、実需要因は大会社の輸出決済などで通貨が大きく動いたことによって需要と供給のバランスが変わることです。

貨幣の交換比率は、大きな政変や戦争、国家間の外交などで国の安全性、経済成長性に影響が生じた時にも影響があります。
自然災害によって国の経済成長が鈍化すれば通貨価値は下がりますし、戦争は景気を良くも悪くもしうるものです。

外国為替市場では、米ドルは有事のドルと言われており、天災や戦争などの際は米ドルが必要とされ、比率が大きく変わる事がたびたびあります。

外国為替を利用した投資

外国為替を利用した投資には様々なものがあります。
外貨MMFという外貨を使った投資信託もありますし、外貨預金はそのまま外貨を定期預金として所持するものです。

FXは為替レートの変動で差益を取ることが目的ですし、外国投信は外国債券や外国株で運用されます。

外国為替を利用するこれらの投資のメリットは何でしょう。
政策金利の差は外貨を扱う上ではとても魅力的な要因で、これにより高い利息が期待できます。
日本の円はここ何年もの間、ゼロ金利と呼ばれるほどの超低金利通貨にあります。
円の金利は低水準なので、国内でお金を預けてもすずめの涙ほどしか利息がつきません。
日本円の金利の低さから見ると、外国通貨はどれもかなりの高金利です。

このように高い金利で預金が可能な点が外貨でお金を預けることの利点です。
また、資産を外貨で保有すると日本円の価値が下がった時に備えてのリスク分散になります。

もし持ち合わせの資産が日本円のみの場合、大地震やテロによって日本円の価値が下がると資産価値も必然的に下がります。
テロや災害などの突発的な出来事がなくても、日本に比べ諸外国の経済が急激に伸びてくれば円安の可能性が出てきます。
日本円の価値が大幅に下落した時、日本円のみで資産を所持している人は共倒れになります。

外国為替を利用して資産を外貨に替えておくことは、資産運用のリスクを分散させておく効果があるのです。

FX 外国為替証拠金取引とは何か

最近ではFXと呼ばれる外国為替証拠金取引は、証拠金という一定額のお金をFX会社に預けることで、その会社を介して為替の売買を行うことです。

元々はForeignExchange(外国為替)の略称でした。

FXでは、証拠金を元手に貨幣を売買して為替レートの変動による差益や、スワップ金利と呼ばれる各国金利差に基づく利益を受け取ります。

失敗の少ないビギナー向きの投資方法を目指すならば、変動が読みにくい為替差益による利益より、少額でも毎日入るスワップ金利狙いの運用が合っています。

数万円という少額の証拠金で多額の貨幣を扱えること、インターネット上の操作で手軽に取引ができること、売買手数料が小さく取引のコストが小さいことなどから、FXのビギナー入門したい人にも手軽にトライできます。

世界中のマーケットと繋がっているので、FXは平日ほぼいつでも取引ができます。

一方、銀行で受け付ける外貨預金は銀行の時間内でしかできません。

国家の発行する貨幣を買うので、株と違って会社倒産によって資産価値が0になってしまうことはありませんし、銘柄選択の難しさとも無縁です。

FXのビギナー入門として抑えておくことは、思わぬ為替変動で損が大きく膨らんだ時、被害を最低限に抑えるための「ロスカット」というルールです。

FXではスワップポイントという独特なルールがあり、これをうまく利用することで毎日何もせずとも収入を得続けることができます。

外国の通貨を保有するという点では、FXは外貨預金に似ていますか、FXは外貨普通預金よりずっと金利が高く、手数料の安い投資です。
外貨普通預金より金利の高い外貨定期預金は、その時々の為替レートとは関係なしに期間が決まるので、取引をするタイミングを自分で決めることができません。

自己責任で資金を動かすことは任せ放し、預けっ放しの投資と比べるとFXのビギナー入門に入ることは怖いものもあります。
しかし、FXは必要ならぱリスクをおかしすぎず自分のやりやすい範囲での投資を自分で決めることができます。

自分の大事な資産ですからよく理解して納得のできる増やし方を試みてはどうでしょう。

Posted by quark